面接対策

フリーターの『就職しなかった理由』を聞かれたときの答え方

フリーターの面接

既卒・フリーターの面接で必ず聞かれるのは「なぜフリーターになったのか?」

質問に対する回答を事前に準備しなければなりません。

なぜか?

採用担当者は、これから採用する人材がすぐに辞めてしまわないか?正社員としてしっかりと仕事ができるのか?を見極めています。

入社したい熱意、磨いたスキルを売り込むだけなく、フリーターの最大の弱点を克服しなければ内定をもらえることはありません。

フリーターの就活の弱点

「どうして新卒で就職が決まらなかったのですか?」

この受け答えによって採用が左右されます。

この質問に即答できますか?(そんなの「新卒で失敗したから」でいいじゃん…はNG)

ここでやってはいけないことを紹介しておきましょう。

言い訳をする

自分以外に原因があること伝える

この2つはやってはいけません。

「目指していた会社にこだわりがあり、就職活動を続けてきました。」という方は、どうして諦めたの?と疑問に思われてしまいます。

「不景気で~」などと外部要因をあげたりするのもいけません。自分に非がないと主張する人は「今後、働くときに言い訳をしそうだな。」と悪印象を与えてしまいます。

ここでは、素直に失敗を認めることです。

フリーターの就職面接では「どう変わっていくのか」

一番、重要なことは素直に失敗を認め、これからどのように改善をしていくか。を伝えることにあります。

フリーターでどれだけ資格やスキルを磨いて、アピールできたとしても「これだけの能力があって、どうして新卒で入社をしなかったのだろう?」と疑問に思われてしまいます。

曖昧な受け答えはいけません。

<例文>新卒採用で就職活動を真面目に行わなかった場合

新卒時の就職活動では働くことについて具体的なイメージがもてず、アルバイトばかりで就職活動をほとんどせずに卒業してしまいました。本来であれば、就職活動を優先するべきでしたが、アルバイトに夢中になり優先順位を見誤っていました。当時を振り返って「社会人になる自覚がなく」就職活動に真剣に取り組めなかったことを深く反省しています。

現在は、自分の将来像を考え就職活動を最優先をしています。1日でも早く社会人としての遅れと取り戻すために〇〇という仕事に挑戦し結果を出していきます。

(この後、「どのように努力していますか?」などの質問に続く…)

例文のように素直に失敗したことを認めましょう。大切なのはこれからどう変わっていくのか?を採用担当者にイメージをさせること。

過去の自分と比較して、どのように変わったのか?これからどのような方向に変わろうとしているのかを説明すればいいのです。

面接で嘘はいけない

もう一つ面接で注意するべきこととがあります。それは嘘をつくこと。

以前に、私が就職活動をしていた際の企業説明会で以下のような話を聞きました。

店舗の金庫に1円がなくなった事件がありました。

その店の店長は「探したらありました」と上司に報告をし、その日は終わります。

次の日、金庫の中から1円が出てきたので店長に問いただしたところ自分の財布から1円を入れたことを告白しました。

さて、この店長はどうなったと思いますか?

店長から平社員に戻しました。

1円を自分の財布から入れる人は、10万円を持っていく(横領)する可能性がある。というのが会社での判断です。

どんな小さな失敗でも報告する人を求めています。

これは、その会社で実際にあったことで降格人事にまで発展したそうです。

どんな会社も誠実な人材を求めています。失敗を認められるのは強い人間だからです。自分の弱点を克服できた人材ならフリーターでも「活躍できる人材になる」と感じてくれます

新卒で失敗した理由を振り返る

フリーターから正社員になるために、前回(新卒)の失敗を振り返ること必須です。

フリーターの弱点「なぜ新卒で就職をしなかった?」に答えられるように過去の行動を振り返り対策をしていきましょう。

気持ち新たに就職活動をする表情に自信を持って面接を突破していきましょう。

面接対策は既卒・フリーター専門の就活支援サイトで無料で行っています。

  • 早く就活を終わらせたい!
  • 面接が不安だ!
  • 本番に向けて面接を練習したい!
  • プロの意見を聞きたい!

という方は就活支援サイトを活用しましょう。

就職shop

  1. 未経験者が対象の求人
  2. 書類選考なしで面接を受けれる企業ばかり
  3. 100%直接訪問だから安心

面談であなたの可能性を広げ求人を紹介。

就職shopはリクルートグループが運営する20代の既卒・フリーター対象の就職マッチングサービスです。

掲載している求人は100%取材済み、書類選考ではなく「人間」の可能性で見る会社の求人を紹介しています。

効率よく優良企業に入社したい方におすすめ!

対象者 東京、新宿、横浜、千葉、埼玉 大阪、神戸、京都
主な就職先 IT・通信、メーカー、商社、流通・小売、サービス業、専門コンサル、マスコミ、金融・保険、不動産・建設
企業数 8,500社(現在も増え続けています)
実績 利用者数100,000名以上

ハタラクティブ

  1. マンツーマンで手厚くサポート
  2. 未経験OKの求人は2,300件以上
  3. おすすめできる企業だけを紹介

利用者の9割が20代・半数が正社員経験なしというフリーター・既卒・第二新卒向けの人材紹介会社です。

未経験OKの求人を2,300件以上で紹介しており、これから5年〜10年を見据えた成長している就職先を提案しています。

これから正社員として長く働きたい。知識・スキルを身につけたい方におすすめです。

対象者 東京、神奈川、埼玉、千葉の方
主な就職先実績 営業/一般事務/企画・マーケティング/総合職(経理、総務)/編集・クリエイター/SE・エンジニア/ 販売・サービス/編集・クリエイター/建築・土木/製造・設備・運輸
求人数 3,000件以上
実績 カウンセリング実績6万人以上、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

いい就職.com

  1. 若手求職者にふさわしい求人だけを紹介
  2. 職場の雰囲気、経営者の人柄、仕事の厳しさなど鮮度の高い求人を提供
  3. 就職アドバイザーの個別サポート、セミナー就職支援も充実

いい就職.comは新卒、既卒、第二新卒向けの就職支援サービスです。

意欲の高い既卒と採用意欲の高い優良企業をつなぐ機会を提供しています。

既卒者の正社員採用に限定した求人企業のみを厳選。離職率の高い企業、募集背景が明確でない求人、社会保険が完備されていない企業の求人を排除しています。

職場の雰囲気、経営者の人柄から仕事の大変さや厳しさを採用後のミスマッチをなくすために情報提供を行っています。

就職支援サポートは全て無料でキャリア適性診断、書類選考なしの面談を行う会社紹介も積極的に行っています。

対象地区 全国
主な就職先 商社、メーカー、広告出版、IT関連、その他サービス
企業数 5,000件以上
実績 就職成功者10,000名以上
(2018年5月時点)

フリーター就活の人気記事

1

フリーター、既卒、第二新卒の方が最短で正社員になるなら人材紹介会社を利用することをおすすめしています。 本来であれば、フリーターでも優良企業に就職できて当たり前なのに、この人材紹介会社を知らないために ...

2

20歳になったら毎月支払いが必要な国民年金。フリーターは国民年金の未納率が高いと聞きます。実際、ぼくもそうでした。 国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは16,490円 ...

3

フリーターは何歳まで許される? 「いつまでフリーターでいれるのか。」 「公務員になる!」という目標があって既卒になった方や、新卒での就活に失敗してフリーターをやっている人もいるでしょう。人生は一度きり ...

-面接対策

© 2021 大卒フリーターが就職するブログ