就職就活-準備編-

面接で空白期間の質問をされたとき、どう答えるべきか?

フリーターの空白期間

ニートやフリーターが長引くと空白期間が目立ちネックになっていまう人も多いのではないでしょうか。

面接では、「この空白期間は何をされていましたか?」と聞かれてしまいます。正社員への道で大きな壁になっているのではないでしょうか。

どんなに知識や実力があっても職歴なし、フリーター歴が長いと就活では落とされる可能性が高くなります。

この空白期間をどう対処するべきかを考えていきましょう。

偽装する

履歴書に空白期間があるため書類選考に通らない。通ったとしても面接で聞かれて答えられずに落とされる。悩ましい問題ですよね。

少しごまかしたい。経歴を偽装したい…

その気持ちもわかります。しかし、経歴偽装はすぐにバレてしまいます。

  • 年金手帳
  • 失業保険
  • 雇用保険被験者証

このあたりを調べればわかります。

実際に虚偽の記述をしており解雇をされた例があります。

入社を希望する人は民法に定める「信義誠実の原則(信義則)」に従って、真実を申告する義務があります。

採用後も正当な懲戒解雇の原因となり、その後の転職活動にも大きく影響がでます。

嘘をいう人は、必要無い。大きな事故がおきた時も嘘をつかれてしまうかもしれない。そんな不安んをある人材は叩かせるわけにはいきませんよね。

経歴偽装は控える方がいいです。

ごまかせる職歴もある

例えば、3日でやめてきたバイトや社会保険、雇用保険に加入していない正社員は調べようが無いのでなかったことにできます。

このレベルなら書かない方がいいです。

正直に答える

とはいえ、空白期間の偽装はよくないです。

正直に話すしかありません。

問題は伝えかたです。

空白期間にネガティブな内容(ただ働きたくなかった)などでは納得されません。何か明確な意図があって空白期間を過ごしていたと答えるようにしましょう。

病気の治療に専念していた

医者から就業を止められるケースもあります。こちらは正直に答えても問題ありません。

現在は、病院からも許可がおり、就業が可能であること。空白期間は正社員に向けて準備をしていたことを伝えることをお忘れなく。

資格勉強や公務員試験

特定のキャリアに向けた勉強も伝えることができます。

資格はキャリア形成のものであれば、フリーターの方が勉強時間を確保でき、効率的だったことを伝えましょう。

資格取得や公務員試験を諦めた場合は、その理由まで伝えられていると良いでしょう。

何となく公務員を目指して勉強をしていましたが、結果が実らず既卒となってしまいました。同級生の社会人として活躍する姿にこのままではいけないと思い遅れを取り戻せる◯◯に志望しました。

まとめ

空白期間がある事実は変えられません。変えれるとすれば、過ごし方と考え方です。
後付けでもいいんですよ。その時明確な意図を持って行動なんてしてませんから。ぼくも何となくやっていたことをあとから「こんな意図があってやりました!」とこじつけましたよ。
うまく答えれば大丈夫です。答えかたが問題なだけで、何とかなりますよ。

職歴なし、フリーター歴4年で就職できましたし、なんとかなるものですよ。

もし、空白期間があってうまく返答出来ない。いい答え方がわからないという方は、既卒・フリーター専門の就職支援サイトを活用するといいですよ。あなたと似たような境遇の人を正社員に導いているわけですから、悩むよりも相談するといいですよ。

就職shop

  1. 未経験者が対象の求人
  2. 書類選考なしで面接を受けれる企業ばかり
  3. 100%直接訪問だから安心

面談であなたの可能性を広げ求人を紹介。

就職shopはリクルートグループが運営する20代の既卒・フリーター対象の就職マッチングサービスです。

掲載している求人は100%取材済み、書類選考ではなく「人間」の可能性で見る会社の求人を紹介しています。

効率よく優良企業に入社したい方におすすめ!

対象者 東京、新宿、横浜、千葉、埼玉 大阪、神戸、京都
主な就職先 IT・通信、メーカー、商社、流通・小売、サービス業、専門コンサル、マスコミ、金融・保険、不動産・建設
企業数 8,500社(現在も増え続けています)
実績 利用者数100,000名以上

ハタラクティブ

  1. マンツーマンで手厚くサポート
  2. 未経験OKの求人は2,300件以上
  3. おすすめできる企業だけを紹介

利用者の9割が20代・半数が正社員経験なしというフリーター・既卒・第二新卒向けの人材紹介会社です。

未経験OKの求人を2,300件以上で紹介しており、これから5年〜10年を見据えた成長している就職先を提案しています。

これから正社員として長く働きたい。知識・スキルを身につけたい方におすすめです。

対象者 東京、神奈川、埼玉、千葉の方
主な就職先実績 営業/一般事務/企画・マーケティング/総合職(経理、総務)/編集・クリエイター/SE・エンジニア/ 販売・サービス/編集・クリエイター/建築・土木/製造・設備・運輸
求人数 3,000件以上
実績 カウンセリング実績6万人以上、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

いい就職.com

  1. 若手求職者にふさわしい求人だけを紹介
  2. 職場の雰囲気、経営者の人柄、仕事の厳しさなど鮮度の高い求人を提供
  3. 就職アドバイザーの個別サポート、セミナー就職支援も充実

いい就職.comは新卒、既卒、第二新卒向けの就職支援サービスです。

意欲の高い既卒と採用意欲の高い優良企業をつなぐ機会を提供しています。

既卒者の正社員採用に限定した求人企業のみを厳選。離職率の高い企業、募集背景が明確でない求人、社会保険が完備されていない企業の求人を排除しています。

職場の雰囲気、経営者の人柄から仕事の大変さや厳しさを採用後のミスマッチをなくすために情報提供を行っています。

就職支援サポートは全て無料でキャリア適性診断、書類選考なしの面談を行う会社紹介も積極的に行っています。

対象地区 全国
主な就職先 商社、メーカー、広告出版、IT関連、その他サービス
企業数 5,000件以上
実績 就職成功者10,000名以上
(2018年5月時点)

フリーター就活の人気記事

1

フリーター、既卒、第二新卒の方が最短で正社員になるなら人材紹介会社を利用することをおすすめしています。 本来であれば、フリーターでも優良企業に就職できて当たり前なのに、この人材紹介会社を知らないために ...

2

20歳になったら毎月支払いが必要な国民年金。フリーターは国民年金の未納率が高いと聞きます。実際、ぼくもそうでした。 国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは16,490円 ...

3

フリーターは何歳まで許される? 「いつまでフリーターでいれるのか。」 「公務員になる!」という目標があって既卒になった方や、新卒での就活に失敗してフリーターをやっている人もいるでしょう。人生は一度きり ...

-就職就活-準備編-

© 2021 大卒フリーターが就職するブログ