派遣

派遣から正社員になることはできるのか?登用の現実はどうのか?

  • 正社員になる前にまずは派遣からやろう。
  • 派遣社員として業務を覚えて、頑張ったら正社員になれる!
  • 今の世の中成果主義だから正社員よりも実力をつければ、正社員は間違いない!

派遣をやる理由は人それぞれ。

高時給で働きたい、プライベートも充実させたいから派遣が良い、正社員を目指すためにまずは派遣からやるなどなど。

特に注意したいのが派遣から正社員を目指す人。人によってはいつまでたっても就職できません。

今回は、派遣から正社員を目指している人、これから正社員になるために派遣を始めようと考えている人に登用の現実をお伝えします。

派遣から正社員になることでの待遇の違い

派遣と正社員の待遇の違い

まずは、正社員になることでどのように待遇が変わるのか確認していきましょう。正社員を目指す理由とはなんでしょうか。

  • 有期契約から無期契約へ
  • 経費から資産へ
  • ボーナス無しから有へ

まず同じ会社に3年以上働き続けることができます。正社員であれば、無期雇用で働き続けることが可能です。

会社から見れば、派遣とは外注経費だったものが会社を支える大切な資産となり、教育などの人材投資がされるようになります。

正社員になることで大きく変わることは時間給から成果給になること。

働く時間ではなく成果をあげることが求められます。責任の重さも派遣に比べて増しますし、管理業務もあります。納期に向けて終わらなければ残業も出てきます。ボーナスがある分だけ、仕事に対する質をこれまで以上に求められるでしょう。

正社員になるにもメリット・デメリットがあるわけですよね。では、正社員になる方法はどうなのでしょうか。

派遣から正社員になる方法

派遣から正社員になる方法は条件は3つ

  1. 派遣先の会社で正社員登用する
  2. 紹介予定派遣
  3. イチから転職活動をして正社員を目指す

派遣先での正社員登用は絶望的

派遣から正社員へ

一般的に派遣からの正社員登用は絶望的です。

なぜなら、派遣と正社員が同じ仕事ではないからです。

正社員は今後を担っていく人材として成長しさせるような仕事をさせますが、派遣には面倒で時間のかかる仕事をさせます。

最終的な仕事の仕上げなどは正社員だけで行うため本質的な仕事というよりも主に準備段階の仕事をすることが多くなります。

派遣としての仕事ができても、本質からずれている仕事では、採用が遠くなる一方です。

企業に「派遣社員は正社員にしない」という風土がある場合は、採用はまずありません。もし、その勤めている会社に入社したいのであれば、求人情報を確認しましょう。その募集要項に当てはまるでしょうか。

派遣に求める仕事と正社員に求める仕事は異なります。派遣としてその会社で仕事ができる=正社員になれるではないので注意しましょう。

正社員登用の事例がある場合でも相応しい人材なのか?

派遣社員から正社員になった事例があったとしても、業務だけこなす派遣社員なら採用されません。

というのも、正社員にするには会社の企業理念や風土にあった人物でないといけないからです。

派遣社員なら、業務ができれば問題ありません。仕事を円滑に遂行することが求められます。

正社員ともなれば、会社を背負う人材となるわけですから、人間力が求められます。

  • 人間関係を構築できる
  • 上司・部下との調整ができる
  • 部下の育成ができる

その会社に相応しい人物なのか?と考えると技術のある派遣よりも伸び代のある人材で『しっかりと企業理念を理解していること』を優先するでしょう。

正社員登用前提の紹介予定派遣

紹介予定派遣とは、正社員(もしくは契約社員)として雇用すること前提にした派遣です。

3~6ヶ月程度働いて企業と求職者の希望に合っているかを働きながら判断してから正社員に移行していきます。

企業のトライアル採用のようなもので、働きぶりを確認しながら採用できるため企業側にもメリットがあります。

正社員を目標にしながら派遣として働くのであれば、正社員雇用を前提の紹介予定派遣をがつかうようにしましょう。

イチから正社員を目指す

一般的な派遣を使っている場合は、正社員になれるのはごくわずか。ほとんどの方が勤めている企業で正社員にはなれません。

派遣社員から正社員を目指すのであれば、一から転職活動をした方が早いです。

ただ、長く派遣社員として働く期間が長くなると「派遣で身につけたスキルを活かした仕事につきたい!」と考えるようになるかもしれません。

自分の可能性を狭めている可能性もあるので、一度フラットな気持ちになりゼロから正社員を目指してみると良いかと思います。

トントン拍子に就職先を決めれるとは限らないので、契約期間満了を迎える時期を目標に就活をスタートさせると良いでしょう。

参考フリーターの就活は何からやればいいのか?

まとめ

派遣としての働き方にもメリットはありますが、必ずしも正社員になれるものではありません。

派遣のメリットを生かして人生を謳歌する人もいます。独立して働きたいとか、プレイベートの活動を大事にしたいなど。

しかし、正社員を目指すとなれば話は全くの別物。

今すぐ、正社員になりたい!と考えるのであれば、頑張るところは派遣ではありません。力を入れるべきは就職活動ですよ。

フリーター就活の人気記事

1

フリーター、既卒、第二新卒の方が最短で正社員になるなら人材紹介会社を利用することをおすすめしています。 本来であれば、フリーターでも優良企業に就職できて当たり前なのに、この人材紹介会社を知らないために ...

2

20歳になったら毎月支払いが必要な国民年金。フリーターは国民年金の未納率が高いと聞きます。実際、ぼくもそうでした。 国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは16,490円 ...

3

フリーターは何歳まで許される? 「いつまでフリーターでいれるのか。」 「公務員になる!」という目標があって既卒になった方や、新卒での就活に失敗してフリーターをやっている人もいるでしょう。人生は一度きり ...

-派遣

© 2020 大卒フリーターが就職するブログ