フリーターの就職先

フリーターからWebデザイナーになるにはどうすれば良いの?

フリーターでも狙える職業としてWebデザインの仕事があります。

Webデザインの仕事は、主に企業や個人のホームページを作ります。

インターネットが普及し、ホームページの必要性が高まっていることから、Webデザインの仕事の需要は増え続けており、将来性のある職業の一つです。

フリーターからWebデザイナーを目指すには何をすれば良いのでしょうか?この記事では具体的にお伝えしたいと思います。

フリーターからWebデザイナーになるには?

Webデザイナーになるために特別な資格は要りません。そのためフリーターであっても挑戦しやすい仕事です。

Webデザインではパソコンを使って仕事をするため、パソコンが使えることはもとより、PhotoshopなどといったWebデザインをする専門のソフトが使えるスキルが必要です。

HTML、CSSコーディングの経験もあれば、就職活動でより有利に働くでしょう。

そのためにはスキルを身につける必要がありますので、社会人スクールで勉強することをおすすめします。

社会人スクールでスキルを磨く

どの程度のスキルが学べるかはスクールによっても異なりますが、実務経験に近い経験ができるスクールもありますので探してみるのが良いです。

お金はかかりますが、就職までのサポートも受けられますので、スムーズな就職活動ができます。

様々なスクールがありますが、最もおすすめなのがTechAcademyです。

参考就職保証付き Javaエンジニアコース

TechAcademyとは、最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結型のスクールで自宅でプログラミングやアプリ開発を勉強できます。

300社を超える優良企業が教育でTechAcademy活用しています。

特に注目して欲しいのは、受講生限定の転職サービスです。

登録したプロフィールや、学習で身につけたスキルを元に企業やコンサルタントからスカウトメッセージが届きます。そして、転職に関する悩みもコンサルタントにメッセージで相談が可能。受講開始後すぐに無料で利用できます。

学習状況が企業やコンサルタントに共有されているので学習を進めていくことがアピール材料になります。

費用はかかりますが、有名企業が多く参加しているオンラインスクールなので、就職できるチャンスは多いです。

無料体験もあるので試してみるのも良いかと思います。

無料体験はこちら→オンラインブートキャンプ 無料体験

本気で就職を考えているならWebデザインコースの4週間プランを受講してください。

社会人だと129,000円かかりますが、月々5375円〜の分割も可能です。短期間で本気になって勉強すれば将来性のある企業への就職も可能です。

独学よりも評価されることは明白です。本気の方はこちらのコースに申し込みをしておきましょう。

申し込みはこちらから→TechAcademy [テックアカデミー]

職業訓練校でも勉強できるのか?

職業訓練学校でもWebデザインについて学べるところもありますが、利用できない可能性もあります。

愛知県の場合で例を出すと、Webデザインの職業訓練が3ヶ月間で1ヶ月しか募集されていません。

参考求職者の方へ(求職者支援訓練)

タイミング合わないとできないわけです。

さらに職業訓練学校は無料であるため、実務には使えないことも多くあります。

独学にプラスすることが目的であるなら役に立ちますが、独学で勉強する際に気をつけなければいけないことは、Web業界の流れの速さです。

常に新しい技術や情報が行き交う業界であるため、最新の情報を手に入れながら勉強する必要があります。

なので、職業訓練校で勉強した=就職へとなかなか繋がらないのです。

フリーターからの就職では実務経験がカギ

フリーターからでも狙える業界ではありますが、経験のあるWebデザイナーを求める会社が多いのも事実です。

フリーターから転身する場合には実務経験がありませんので、少しでも多くWebデザインについて勉強し、その努力を見せるのが採用のカギとなります。

例えば、他でアルバイトしながらフリーランスとして小さなお店のホームページ作りをさせてもらい、面接で提示するのも良いです。

応募者がどの程度のレベルのWebデザインが可能であるかを、採用担当者は一目で判断できます。

Webデザイナーとしての仕事は、入社してから覚える仕事ではありません。

仕事を始める前にwebデザインについてきちんと知っておく必要があるのです。仕事をこなしていれば給料がもらえる仕事ではなく、実力がモノを言う仕事であると考えましょう。

少しでも多くのWebデザインを練習し、プロとして働けるだけのデザインを生み出す努力が必要です。

 

まとめ

Webデザインの仕事は、比較的残業が多いことからキツイ仕事であるイメージもあります。

より働きやすい環境を求めて転職が多いのもこの業界の特徴です。

しかし、技術さえあれば実務経験のないフリーターであっても就職できる可能性の高い業種であると言えます。

 

本やネットの情報で独学できることも多いです。しかし、正しい勉強方法・実践を積まなければ就職にはつながりません。本気でWebデザイナーを目指す方は、一度、就職に直結しているオンラインスクールで勉強をしておきましょう。



フリーター就活の人気記事

1

フリーター、既卒、第二新卒の方が最短で正社員になるなら人材紹介会社を利用することをおすすめしています。 本来であれば、フリーターでも優良企業に就職できて当たり前なのに、この人材紹介会社を知らないために ...

2

20歳になったら毎月支払いが必要な国民年金。フリーターは国民年金の未納率が高いと聞きます。実際、ぼくもそうでした。 国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは16,490円 ...

3

「いつまでフリーターでいれるのか。」 「公務員になる!」という目標があって既卒になった方や、新卒での就活に失敗してフリーターをやっている人もいるでしょう。人生は一度きりだからこそ、今を生きている人もい ...

-フリーターの就職先

Copyright© 大卒フリーターが就職するブログ , 2020 All Rights Reserved.