コラム

フリーターで正社員になりたくないって感じるのは正常だと思う。

学生時代から大量のリストラのニュースやリーマンショックとか世界規模のニュースで正社員になっても安定するとは限らないと感じていました。

ニュースを見ても正社員=社畜ってイメージで管理者クラスになると仕事は増えても残業代は支払われない世の中に嫌悪感を感じていました。

そんなことから就活はしていましたが、「正社員になりたくない…」正確には、「社畜にはなりたくない!」という気持ちから卒業後4年ほどフリーター生活をしていました。

結局は正社員として働いているわけですが、「正社員になりたくない」って感じるのは無理もないことなんですよね。フリーターの方が気楽だし、最低限の暮らしを続ければ困ることはない。

でも、正社員を経験していないから、わからなかった部分ってあると思うんですよね。今回は、なりたくなかった正社員になって感じたことを伝えられたらと思います。

正社員になりたくない理由

正社員になりたくない

正社員になりたくない理由は…

  • 残業代が出ない
  • 休みが取れない
  • 自由がない

こんなところではないでしょうか。ブラック企業によくある典型的なパターンですよね。

フリーターなら働いた分は時給で発生しているし、最近では労務関係が厳しくなって1分単位でつけるところも増えてきました。

時給が高くて、フルタイムで働けば正社員に近い、場合によってはそれ以上の給料をもらえる。福利厚生も恩恵をうけられる場合もあります。休みたい時は、希望を出せば比較的通りやすい。正社員だと他の人の休みを補填しないといけないから大変ですよね。

まぁ、バイト先で過酷な働き方を見ていると正社員になりたくないって無理もないかと思うようになるんですよね。

正社員とフリーターの差は何か?

ぼくは、何度か転職をしています。

  • 4年間のフリーター経験
  • 1社目は超ブラック企業。
  • 2社目もブラック企業。
  • 3社目でホワイトカラーの優良企業

長いフリーター経験と正社員として数社で働いた経験からフリーターと正社員の違いがわかる部分があるんですよね。

正社員だと圧倒的に社会的信用は高い

どんなブラック企業の社員であれ、フリーターの時より給料が低くても社会的信用は高くなります。

正社員ってだけで世間の目は変わるものです。

クレジットカードの審査、車や住宅のローン、アパートの契約など。フリーターでは審査が通りにくいものばかり。正社員だとすんなり通ります。

実際、フリーター時代は25万もらっていた時期よりも正社員になって18万スタートの方が信用が高かったです。

正社員は給料ではありません。肩書きです。

正社員は余程のことがない限り雇用を切られることはありません。安定性で言えば正社員の方が上なんですよね。

仕事内容と将来性は大きく広がる

フリーターだと誰でもできる仕事で、続けているとつまらなくなります。

正当に評価されない。というか、評価は持ってかれるんですよね、正社員に。

仮に実力があったとしても所詮はフリーター。仕事で成果を上げても自分に変えてってくるものって時給が上がる程度なんですよね。

アルバイトを使う正社員の仕事もしたことがあります。会社では、フリーターの方も大切な人材として扱われますが、結局は人件費の範囲内で、外部研修や人材投資は正社員が優先されます。

正社員だと高い成果を求められますが、技術を身につける機会は多く自分磨きを半強制的にでもやります。企業からすれば正社員は『金の卵を生むニワトリ』みたいなものですね。

人財って言われるように財産なわけですよ。

成果を生み出すプロセスや専門技術があれば、その職場を辞めて次の職場では使えます。成果を生み出す社員の確率が高いので他社企業から見れば労働価値が高くなりますよね。。

じゃあ、アルバイトはどうなの?と言われると最終的には中年フリーターと呼ばれる低所得の非正規雇用の働き方をすることになります。

中年フリーターの末路。バイトをやめられなかった後の悲惨な状況まとめ。

参考中年フリーターの末路。バイトをやめられなかった後の悲惨な状況まとめ。

40代で周りはバリバリ働いている中、コンビニやファミレスで働くおじさん、おばさんって正直きついです。「あっ、あの人、別のファミレスで見たことあるなぁ、ダブルワークしているのかな?」と気づくとちょっと悲しい気持ちになるんですよね。

若いうちは元気でも、病気や怪我をすると働けないですからね。何も身につけていない非正規雇用ほど怖いものはありません。

 

ブラック企業ならフリーターの方がいい

ただし、ブラック企業に入社してしまったら早くフリーターに戻った方がいいです。

2社ブラック色の強い企業で勤めた経験があるのでわかりますが、あれは異常です。

入る会社間違えたって気づいたら、すぐに辞めるべき

参考入る会社間違えたって気づいたら、すぐに辞めるべき

肩書きを手に入れても、目の前のことが見えてないません。うつになりかけていましたから。

おかしな考え方で、言われたことだけを諦め気味でやる職場ならやめた方がいいです。ほとんど、使い勝手のいいフリーターと変わらないです。

改善しようとか、スキルを身につけようとか思えない人ばかりだと考え方は伝染します。フリーターに戻ってから再度、就職先を探すのにもブラック企業で言われたことを引きずって苦労します。

ブラック経験は全く無駄ではありませんが、まさに「正社員になりたくない」理由を一通り経験できるので避けておきたいところですね。

優良企業を狙おう

ブラック企業に入って人生を消耗したから言えますが…

正社員になりたくないってブラック企業の社員になりたくないってことなんですよね。

いい会社であれば、長く働きたいって思っています。だって、フリーターでも仕事しているわけだし、続けていますからね。

よく、フリーターはブラック企業しか入れないと言われていますが、雇用情勢が徐々に変わってきています。

少子高齢化社会ですから、これからの人材を確保しなければなりません。

最近の雇用情勢で言えば、売り手市場が続いており採用活動の場として新卒採用よりも第二新卒が注目されています。

ネームバリューの低めの中傷企業だと10名内定を出しても入社0名ってことはザラにあるらしく人材不足で倒産している会社もあるくらいです。

このように労働市場が変わってきているため、若者を一から育てる会社が増えてきています。優良企業は第二新卒向けの就活支援サイトを活用して採用を行なっています。

しっかりと適正にお金をかけて採用活動を行なっているんですよね。

要注意!ちなみにブラック企業は2つともハローワーク経由でした。

面接で「うちはサービス残業あるけど良いかな?」って聞いてくる会社です。こっちは、頑張りますしか言えませんよね。

あまりにひどいので退職してからハローワークに伝えて掲載を取り下げてもらったくらいです。ハローワークでの就活はいいことがありません。

 

だからこそ、ブラック企業を排除した求人サイトを利用してください

ぼくも利用したことがあるサイトを含め3社は厳しい基準を設けていますから、ブラック企業がありません。

就職shop

面談であなたの可能性を広げ求人を紹介。

就職shopはリクルートグループが運営する20代の既卒・フリーター対象の就職マッチングサービスです。

掲載している求人は100%取材済み、書類選考ではなく「人間」の可能性で見る会社の求人を紹介しています。

効率よく優良企業に入社したい方におすすめ!

対象者 東京、新宿、横浜、千葉、埼玉 大阪、神戸、京都
主な就職先 IT・通信、メーカー、商社、流通・小売、サービス業、専門コンサル、マスコミ、金融・保険、不動産・建設
企業数 7,602件(現在も増え続けています)
実績 利用者数94,000名以上

ハタラクティブ

利用者の9割が20代・半数が正社員経験なしというフリーター・既卒・第二新卒向けの人材紹介会社です。

未経験OKの求人を1,500件以上で紹介しており、これから5年〜10年を見据えた成長している就職先を提案しています。

これから正社員として長く働きたい。知識・スキルを身につけたい方におすすめです。

対象者 東京、神奈川、埼玉、千葉の方
主な就職先実績 営業/一般事務/企画・マーケティング/総合職(経理、総務)/編集・クリエイター/SE・エンジニア/ 販売・サービス/編集・クリエイター/建築・土木/製造・設備・運輸
求人数 未経験OK企業のみ1,500件以上
実績 カウンセリング実績6万人以上、書類審査通過率91.4%、内定率80.4%

ジェイック

ジェイックは、社会人経験の短いフリーター・既卒・第二新卒の方をを対象にした就職支援サービスです。

2週間の無料就活講座で社会人としての基礎を身につけるため企業の信頼も厚いのが特長です。

自分に自信がない・職歴が浅い・とにかく早く就職したい方におすすめ!

対象者 東京、千葉、神奈川、埼玉、静岡、愛知、大阪、福岡
主な就職先実績 広告・メディア、メーカー、商社、IT通信、建築・設備、不動産
求人数 厳選された20社を紹介

経済状況によって雇用は変わります。リーマンショックの時なんて新卒でも60%しか就職できていません。

積極的に雇用している、採用活動が活発な今がチャンスですよ。

いつでもフリーターに戻れる。逃げ道は常にある

勘違いして欲しくないことは「一生、正社員をしなければならない」わけじゃないですからね?

何だか正社員になるって『自分の人生がずっと左右されてしまうこと!』と考えがちですが、フリーター生活からガラッと変わることはないですからね。

労働契約して、働くのは一緒です。労働契約がパートタイム、フルタイムの非正規雇用から、正規雇用に変わるだけです。

もし、合わないなーって思っても退職すればいつでもフリーターに戻れますから。1社目の就職に失敗したときは元のバイト先に戻りましたから。「おかえり」って言ってもらえましたよ(苦笑)

なので、深く考えずに、一つの挑戦。経験として正社員の働き方をすれば良いかと思います。もっと、気軽に考えれば良いですよ。

まとめ

それでも正社員になりたくない。という気持ちすごくわかります。

ぼくもブラック企業に入って「やっぱりほら失敗したじゃん。だからやりたくなかったんだ。」って自分で選んだとしても当時思いましたから。

今は、なりたくないでいいんですよ。ただ、30代を迎えて”正社員になりたくてもなれない”と後悔する人って沢山いるんです。

後悔する前に動いておきましょう。

フリーター就活の人気記事

1

フリーター、既卒、第二新卒の方が最短で正社員になるなら人材紹介会社を利用することをおすすめしています。 本来であれば、フリーターでも優良企業に就職できて当たり前なのに、この人材紹介会社を知らないために ...

2

20歳になったら毎月支払いが必要な国民年金。フリーターは国民年金の未納率が高いと聞きます。実際、ぼくもそうでした。 国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは16,490円 ...

3

「いつまでフリーターでいれるのか。」 「公務員になる!」という目標があって既卒になった方や、新卒での就活に失敗してフリーターをやっている人もいるでしょう。人生は一度きりだからこそ、今を生きている人もい ...

-コラム

Copyright© 大卒フリーターが就職するブログ , 2020 All Rights Reserved.