書類選考

フリーターの履歴書はパソコンよりも手書きで書くべき

履歴書作成で迷うことといえば「手書きとパソコンのどちらで作成するべきか」ではないでしょうか。

大手企業では、ペーパーレス化の影響もありWebでの履歴書入力を導入しているところもあります。

この場合は、問題にはなりません。しかし、どちらでも良い場合は、書きの履歴書を準備してください。

手書きとパソコンを比較

表にして比較してみました。

メリット デメリット
手書き 個性が出やすい
文字から人柄が伝わる
文字が読みづらい場合がある
作成に時間がかかる
読まれない可能性がある
パソコン 文字が読みやすい
作成時間が短縮される
他の企業で転用できる
読まれない可能性がある

パソコンでの提出が求められるのは、少数ながらあります。IT系の企業や基本的なパソコンの操作ができることを求める企業に多く見られます。

それぞれ読まれない可能性があるのは、「手書き or パソコンの履歴書しか見ない。」という会社があるためです。

手書きの履歴書で真剣さを見抜く

手書きの履歴書は、相手にわかりやすく伝える努力をしているか。この会社に入りたいという思いが文字に込められているかを見抜きます。

字の上手い下手ではなく、丁寧に書かれていることが重要です。

  • 捺印がずれている、擦れている。
  • 走り書きで書かれている

こういった履歴書からは、丁寧さが伝わらず「入社してからも雑な仕事をするかもしれない」と懸念されてしまいます。

フリーターの就職は真面目、誠実さ

履歴書に指定がなくパソコンで書いた方が相手に取っても読みやすくて良いと考える方もいると思います。

しかし、フリーターからの就職ともなると「社会人としてちゃんとやれるのだろうか。真面目な人材なのか。」と採用担当者の不安を払拭しなければなりません。

スキルやキャリアでアピール出来ない分、丁寧に書かれた履歴書で誠実さをアピールするしかありません。

こんな履歴書はNG

  • 下書きが残っている
  • 消えるボールペンで書かれている
  • 履歴書の端が折れている
  • 誤字脱字がある
  • 印鑑が反対を向いている

会社に提出する書類を作成しています。→採用担当者は、「将来のお客様に提出する書類」を見ています。

日本の就職活動では手書き提出が一般的である以上は、手書きで書くことが一般常識として捉えられるでしょう。

まとめ

僕も字が下手なので、履歴書の作成は練習で一枚使ってから、一時間近くかけて書いています。

書類審査で通るためには、必要なことだと思います。

同封する職務経歴書に関してはパソコンで作成することが一般的なので、ワードで作成していますが、履歴書は誠意を示すために丁寧に心がけて書いていました。

手書きでも、パソコンでも内容がしっかりしていることが大切ですが、書類の第一印象は大切です。

書類審査を通るためだと考えてください。手書きで、丁寧に書きあげましょう。

フリーター就活の人気記事

1

フリーター、既卒、第二新卒の方が最短で正社員になるなら人材紹介会社を利用することをおすすめしています。 本来であれば、フリーターでも優良企業に就職できて当たり前なのに、この人材紹介会社を知らないために ...

2

20歳になったら毎月支払いが必要な国民年金。フリーターは国民年金の未納率が高いと聞きます。実際、ぼくもそうでした。 国民年金は、毎年金額が変わっており平成29年4月~平成30年3月までは16,490円 ...

3

フリーターは何歳まで許される? 「いつまでフリーターでいれるのか。」 「公務員になる!」という目標があって既卒になった方や、新卒での就活に失敗してフリーターをやっている人もいるでしょう。人生は一度きり ...

-書類選考

© 2020 大卒フリーターが就職するブログ